MILLEN BOX

音楽好きの元組み込みソフトエンジニアによるプログラミング(主にiOSアプリ開発)の勉強の記録

UIImageの角を丸くするExtension [swift2.2] [UIImage] [CGContextClipToMask]

UIImageの角を丸くしたいと思います。
ネットでザクッと検索をかけると、UIImageViewのCALayer -> cornerRadiusをイジイジすることで実現する方法が多かったのですが、UIImage自体で角を丸くする方法はあんまり出てこなかったので。
とは言いながらやはりネットの記事を参考にしました。(Objective-Cでしたが)

d.akiroom.com

今回はこのページを参考に、swift用いて実現したUIImageのExtentionを備忘録として残しておこうと思います。

実現方法

  1. まずUIBezierPath.init(roundedRect rect: CGRect, cornerRadius: CGFloat)を使用して角が丸いRectを作成します。
  2. 手順1で作成した角丸Rectを青で塗りつぶします。ここで青で塗りつぶされていない部分がマスクになります。
  3. CGContextClipToMask(c: CGContext?, _ rect: CGRect, _ mask: CGImage?)で手順2で作成したマスクを適応します。
  4. drawInRectやdrawAtPointなどで元イメージのDrawを実行します。

ソースは以下に貼っておきます

import UIKit

extension UIImage {
    
    func imageWithCornerRadius(cornerRadius: CGFloat) -> UIImage{
        
        var imageBounds: CGRect
        let scaleForDisplay = UIScreen.mainScreen().scale     //1ポイント当たり何ピクセルか
        let cornerRadius = cornerRadius * scaleForDisplay     //ポイントからピクセルへの変換

        imageBounds = CGRectMake(0, 0, self.size.height, self.size.height)
 
        //角丸のマスクを作成する
        let path = UIBezierPath.init(roundedRect: imageBounds, cornerRadius: cornerRadius)
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(path.bounds.size, false, 0.0)
        let fillColor = UIColor.blueColor()
        fillColor.setFill()
        path.fill()
        let maskImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext()

        //元イメージにマスクをかける
        UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(path.bounds.size, false, 0.0)
        let context = UIGraphicsGetCurrentContext()
        CGContextClipToMask(context, imageBounds, maskImage.CGImage)

        self.drawAtPoint(CGPointZero)
        
        let resultImage = UIGraphicsGetImageFromCurrentImageContext()
        UIGraphicsEndImageContext()
        
        return resultImage
        
    }
    
}