MILLEN BOX

音楽好きの組み込みソフトエンジニアによるプログラミング(主にiOSアプリ開発)の勉強の記録

swiftでグラデーションがかかったViewを作成する[CAGradientLayer][swift3.0]

今回はグラデーションがかかったViewを作成したいと思います。
現在作成中のアプリで使っていたのですが、ちょっといらないかも...と感じまして、消してしまう前に記録に残しておきます。

githubは以下です。

github.com

f:id:anthrgrnwrld:20160923194712p:plain

コードを以下に貼っておきます

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var gradationView: UIView!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        
        let gradient = CAGradientLayer()
        gradient.frame = self.view.bounds
        
        let color_1 = UIColor(red: 1.0, green: 0.7, blue: 0.7, alpha: 1.0).cgColor
        let color_2 = UIColor(red: 0.7, green: 1.0, blue: 0.7, alpha: 1.0).cgColor
        let color_3 = UIColor(red: 0.7, green: 0.7, blue: 1.0, alpha: 1.0).cgColor
        gradient.colors = [color_1, color_2, color_3]
        
        let position_1 = NSNumber(value: 0.0 as Float)
        let position_2 = NSNumber(value: 0.5 as Float)
        let position_3 = NSNumber(value: 1.0 as Float)
        
        gradient.startPoint = CGPoint(x: 0.0, y: 0.0)
        gradient.endPoint = CGPoint(x: 1.0, y: 1.0)
        gradient.locations = [position_1, position_2, position_3]
        
        self.gradationView.layer.insertSublayer(gradient, at: 0)

    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}

処理イメージ

これ書いたの結構前で参考にしたページも忘れてしまいましたが、以下のような処理のイメージです。

(前提方針) CAGradientLayerクラスのインスタンスを色々処理した後に対象のViewのLayerへ代入する。

  1. CAGradientLayerのインスタンスを作成し、その大きさを定義する。
  2. グラデーションする色を決定。いくつ作成しても良い。
  3. グラデーションの開始及び終了の位置、2で決定した色を開始する位置などを決定する。1で決定したサイズを1.0として。
  4. 対象Viewの.layerへ作成・編集したCAGradientLayerのインスタンスを入れる。

以上です。